歯を長持ちさせるために。「治療」より「予防」の歯科診療

いつまでも健康で快適な毎日を過ごすためには、ご自分の歯を長持ちさせることが大切。そしてそのために重要なのは、むし歯歯周病を初期の段階で治療すること。さらには、未然に予防することです。痛みなどの自覚症状が出てからの通院では既にだいぶ進行していることも多く、そうなると治療も簡単には済みません。定期検診をきちんと受けて、早期発見・早期治療、そして予防に取り組むことが大切なのです。

むし歯が治る?「歯の再石灰化」とは

むし歯は酸が歯を溶かすことで起きますが、その範囲が歯の表面のエナメル質に留まっている状態であれば、むし歯は削らずに修復可能なこともあります。それはお口には溶けたエナメル質を元に戻す「再石灰化」という機能があるからです。

実はこの再石灰化は食事の度に行われるのですが、きちんと再石灰化される前にまた食べてしまうと、再石灰化が間に合わずにむし歯の進行を早めてしまうことになります。食事の間隔をきちんと空けないとむし歯になりやすいのはこのためです。

再石灰化の働きをサポートするのは唾液やフッ素。よく見かけるフッ素入りの歯磨き粉を使ったり、キリシリトールガムを噛んで唾液の分泌を促したりすることで、むし歯になりにくい口腔内環境をつくることができます。

むし歯を未然に防ぐ、当院の予防メニュー

当院でも「治療する」歯科医療だけでなく、「予防する」歯科医療を重要視し、様々なメニューで、患者さんのお口の健康サポートを行っています。定期検診ではむし歯や歯周病の原因、歯垢や歯石を取り除くクリーニング、また、治療済みの歯が再発していないかといったチェックも行っています。

ブラッシング指導

日々のブラッシング方法を確認。その後、患者さんの歯並びやお口の特徴に合わせて、磨き残しやすい箇所や歯ブラシがあたりづらい箇所を中心に、効果的なブラッシング方法を習得していただきます。特に治療した歯は、きちんと磨けていなかったためにむし歯になった可能性があるので、再発しないように正しいブラッシング方法を覚えていただきます。

PMTC

専門器具を使っての歯のクリーニング。歯の表面に残る歯垢をきれいにお掃除し、タバコのヤニや茶渋による着色といった汚れをきれいに取り除きます。歯の表面をつるつるに磨きあげるため、歯垢が付きにくい状態になります。

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の質を強化し酸に対する抵抗力を高めます。フッ素にはむし歯菌の活動を抑制する働きがあるうえ、再石灰化を促す効果もあります。このため、ごく初期のむし歯であれば修復可能な場合も。定期的に塗布することで、歯の質をよくし、むし歯になりにくくする効果が期待できます。

  • PAGE TOP

神奈川県相模原市南区|診療予約|アイ歯科医院