もしかしたら歯周病かもしれません

歯周病は初期の段階では自覚症状に乏しいため放置しがちですが、気付かずに悪化させてしまうと歯を支えている顎の骨までもが溶けてしまう怖い病気。しかし、成人の約8割が歯周病(もしくは予備軍)であるという統計データもありますから、歯周病を自覚せずにいる人も多数いると考えられます。一方で、悪化する前であれば簡単な処置で治療できる病気でもあります。

歯周病になる原因とは?

知らない間に発症し、進行する歯周病。何が原因なのでしょうか。それは「歯垢」です。歯や歯茎に付着した歯垢をそのままにしておくと、歯垢に潜む歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、徐々に広がっていきます。特に、歯と歯茎の間にある溝「歯周ポケット」には歯垢がたまりやすく、ここから歯周病を発症していく方が多いのです。歯周ポケットが炎症を起こすとポケットが少しずつ深くなり、炎症箇所も歯茎の奥深くへと広がってしまいます。

その他にも、たとえば歯並びが悪かったり、治療後の被せ物がぴったり合っていなかったりして、きちんとブラッシングできないような環境は、歯垢がたまりやすく歯周病の要因となります。また、一旦歯周病にかかってしまうと、喫煙やストレス、糖尿病なども歯周病の進行を早めてしまうこともあるため、注意が必要です。

全身に悪影響を及ぼす、歯周病菌

歯周病で気を付けなければならないのは、歯周病菌の及ぼす悪影響が、お口の中だけに留まらず全身にまで広がるという点です。歯周病菌が全身の血管に流れ込むと、心臓病や肺炎、糖尿病、早産を引き起こす原因になることがあるといわれています。

なお、糖尿病患者の場合、免疫機能の低下から歯周病になりやすく、歯周病にかかった場合は悪化も早いとされているため、特に注意が必要です。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
  歯肉炎
歯肉炎
歯茎に炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝)の深さは、3mm程度です。
  軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯茎が腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
  中等度歯周炎
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯茎の腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
  重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯茎が下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯茎の境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

歯周病の検査方法と治療法

歯周病検査
歯周ポケット検査
歯周ポケット検査
「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯周ポケットの深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査
レントゲン検査
顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。
歯周病治療
歯磨き指導
歯磨き指導
おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しいブラッシング方法を指導します。
※ブラッシングは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。
スケーリング
スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段のブラッシングでは取り除けない、歯に付着した歯垢や歯石を除去します。
ルートプレーニング
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いた歯垢や歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット掻爬
(そうは)術
歯周ポケット掻爬(そうは)術
軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内の歯垢や歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術
フラップ手術
中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯茎を切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着している歯垢や歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

歯周病を防ぐのは日々の歯みがきだけでなく定期検診も重要です!

  • PAGE TOP

神奈川県相模原市南区|診療予約|アイ歯科医院