見た目も噛み心地も自分の歯のように

失ってしまった歯を補うインプラント治療。これは、歯が抜けた部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯冠を装着する治療法です。入れ歯やブリッジを装着したときのような違和感が軽減され、まるで自分の歯のように使用できるのが大きな特長で、その利点は毎日の食事で実感できます。

インプラントが選ばれる理由

いまや多くの人が、歯が抜けたときの治療法としてインプラントを選択しています。比較的費用のかかる治療にもかかわらずインプラントが選ばれるのには、しっかり噛めて食事がおいしくいただけるというほかにも様々なメリットがあるためです。

インプラント治療のメリット

  • 顎の骨が支えとなり自分の歯に近い形で機能回復するため、しっかり噛むことができる
  • 治療後の見た目が美しく、自分の歯のような仕上がりになる
  • 周りの歯で支える必要がないので、周囲の健康な歯にダメージを与えない
  • 装着時の違和感がない
  • 人工歯根から顎の骨に刺激が伝わるため、抜歯後も顎の骨が痩せるのを防ぐことができる

当院の実績あるインプラント治療

当院では、既に35年以上もの間、インプラント治療を行ってきました。当院院長がインプラント治療をはじめた当初から、患者さんに安心していただける治療を徹底してきたことが数多くの患者さんに支持され、当院の治療実績となっています。

また、当院院長は日本口腔インプラント学会の指導医を長くつとめさせていただき、常にインプラント治療の最前線の知識・技術の習得・指導を行っています。あらゆる症例に対する最適な治療が可能ですので、インプラント治療をご希望の方は、どうぞ安心してご相談ください。

インプラントの利点を入れ歯・ブリッジと比較

  インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
  インプラント
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。
入れ歯(保険適用の場合)
1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。
ブリッジ
横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬い物でもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷付けたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療の進め方

STEP 01. カウンセリング

歯を失ってしまった原因、お口の状況のほか、インプラント治療にかかわるお身体の健康状態などをおうかがいします。インプラント治療についてまずは概要やメリット・デメリットをご説明しますので、ご希望や質問など、遠慮なくご相談ください。

STEP 02. 事前の精密検査

インプラント治療には綿密な事前検査が必要です。レントゲン撮影などの検査を受けていただき、患者さんのお口の状態や体調がインプラント治療に適しているか判断します。その後、検査データと患者さんのご希望をもとに正確な治療計画を立てていきます。

STEP 03. 治療計画のご説明

治療計画をご説明します。患者さんが治療計画を理解し、今後の治療方針に納得していただいてはじめて治療を開始します。わかりやすく、患者さんの立場に立った説明を心掛けていますが、わからないことがありましたら、どんなことでもおたずねください。

STEP 04. 事前治療

インプラント治療を行う前には、むし歯歯周病を治療しておく必要があります。事前検査で、これらの疾患が見つかった場合には先に処置しておきます。

STEP 05. インプラント埋入手術

麻酔をし、顎の骨にインプラントを埋入します。

STEP 06. 治癒期間

インプラントが顎の骨と結合し、安定するまで治癒期間を設けます。この期間は仮歯を使用することが可能です。

STEP 07. 2次手術

インプラントが安定したのが確認できたら、歯茎を切開し、インプラントの上部にアバットメントといわれる人工歯の土台部分を取り付け、仮歯を装着します。

STEP 08. 人工歯冠の取り付け

2次手術で切開した歯茎が治癒するのを待ってから、人工歯冠をアバットメントに取り付け、インプラント治療は終了します。

STEP 09. メンテナンス

インプラントを安全に長期にわたって使用していただくため、定期的にメンテナンスを行っていきます。不具合が見つかれば、すぐに対応可能です。メンテナンスはインプラントを長持ちさせるためにとても大切ですので、きちんと受診するようにしてください。

院長が語るインプラント治療に対する動画インタビューはこちらから

  • PAGE TOP

神奈川県相模原市南区|診療予約|アイ歯科医院