院長インタビュー

最近起こっているインプラントの問題について先生の見解を教えて下さい。

やはり最近のインプラント沢山の事故を聞きますけれども、それは技術的な問題が多いのと、もう一つは歯科医本人の自覚。あとは、一所懸命勉強するという、そういう気持ちが足りないから起きるような気がします。

どうすればこのようなトラブルは減るのでしょうか?

やはり、自分の為の勉強をしなければいけない。という事ですよね。私でも、全てOKではありません。うまくいかないことはあります。ただ、必ずそれをリカバーしていきます。だから、根本的な事を言うと、やっぱり患者さんとのコミュニケーションが一番大事なんだろうと思いますね。技術も勿論のことですけど正直に患者さんにお話しして、いわゆる「歯医者と患者さん」という立場よりも「人と人」としてのコミュニケーションを取れば、大きな問題になることはない、と私は思っております。

患者である私たちが、良いインプラント歯科医を選ぶ為には何に気をつければいいですか?

これも、ずっと昔から各地方から電話をいただいたり、まだこんなにインプラントが普及してない頃、電話をいただいて、どこか紹介してほしい、とか色んな話を伺いましたけれど、何とも正直言うと言いようがないんです。推薦できる基準が、その先生と会ったことがなければどうしようもできないですから。

ただ、患者さんが選ぶ一つの要素としては、日本口腔インプラント学会の専門医を持ってらっしゃる方がとりあえずの推薦対象になると思います。これはちゃんと試験を受けて、経験、症例、口頭試問などなど、試験を受けて取るものですので、そう簡単に取れるものではありませんのでそれが一つの判断基準かなと思います。

インプラントは「安心・安全」がうたわれていますけれども手術が伴う治療です。実際のところ本当に「安心・安全」なのでしょうか?

それは、今の世の中の風潮が「安心・安全」ということで、あらゆる業界で非常にその言葉が使われています。そこでよく考えていただきたいのは、体は皆さん違うんだということ。

手術を伴いますので、その手術が100%、ということはあり得なんですね。どこの医科の手術でも、100%というのはあり得ない。そのへんのことも、手術する側も、いわゆる歯医者側もよく考えて、考えたなりの自分の哲学でお話するべきだという風に思いますね。

みなさんインプラントの治療を、勿論成功させるためにやっていらっしゃると思いますが、相浦先生は100%に近づけるためにどういった取り組みをされているのでしょうか?

具体的なポイントというのは、非常に言葉では難しくて、ご質問の答えになるか分かりませんけれど、やはり経験ですね。それも常に真剣に対応した経験。ただ、数をこなしていく経験ではないです。一人の患者さんからこちらが受け取れる経験、勉強を真剣に積み重ねていくことだと僕は考えています。

天然歯と同じように噛めるというのも、インプラントの強みではありますが、言いすぎる場合があると思います。それについてどう思われますか?

色々と立場上、全国の話を聞くことがあるんですけれども、「天然歯と同じ」という言い方ですね。何十年持つとかそういう表現をされる方が沢山いるので、これは僕の大げさに言うと哲学なんですけど、インプラントは変化しませんけれど、体の方は、いわゆる生体の方は変化しますし、患者さん皆さんが違う要素を持っていらっしゃいますので、一概にひとつのことで、全てがOKだとか言うことはできないと思います。
その辺はよく患者さんによく説明して納得して頂かなくてはいけないことだと思います。

それではアイ歯科医院さんのコンセプトについて教えてください。

コンセプトっていう程のものはないんですけれども、若い時はやっぱり医療とか化学的なこととか頭にありました。ただやはり歳を取ってきますと、これは別に患者さんにもお話するんですけが、「僕の家族ならしませんよ。」と。それがコンセプトと言えばコンセプトなのかなと思います。

ただ新しい治療ばかりだとか、さっきも言いましたように患者さんという個人の一人の人間を無視したような化学といいますか最新術式だとか、それは私が勉強すればいいことであってそれを強制する必要は何もないと思っていますので。だから簡単に言うと、家族ならば治療をするかしないか。
それがコンセプトといえばコンセプトなのかなと思います。

最後にインプラントを検討している方へメッセージをお願いします。

インプラントにも歴史があって、昔のインプラントは自分の歯が残っていれば、そこに噛む力を負担して、インプラントと、元々のご自分の歯と共同して物を噛む、という機能を全うしてたんです。今のインプラントはその抜けたところだけでやりますので残っている歯にあまり傷をつけないわけですね。ですから、それこそインプラントは天然歯に近い、という感覚になるんです。

インプラント自体も非常に進化してきています。ただ、歯が抜けたところに従来のやり方はもうブリッジか、入れ歯かどちらかということになって、機能的なものはあまり改善されていないわけです。ですので、インプラントをもしお考えであれば、一番ベターな選択だと思います。

  • PAGE TOP

スタッフ紹介

院長 相浦 洲吉

略歴
昭和49年
神奈川歯科大学卒業
昭和54年
アイ歯科医院開業
平成3年
日本大学歯学部生化学教室研究科卒
(歯学博士)
平成4年
日本口腔インプラント学会 指導医
所属団体
  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会 会員
  • 日本インプラント臨床研究会 元会長
  • アメリカインプラント学会(A.A.I.D) 元認定医
  • イタリア・インプラント学会 フェロー
  • アジア・インプラント学会 オーガナイズドメンバー
ごあいさつ

当院は、インプラント治療を中心に幅広く歯科医療に取り組んでいます。歯に関するお悩みは人それぞれです。まずは気軽に相談することからはじめてみてはいかがでしょうか?

スタッフ

院長のインプラントに対するインタビューは動画でもご覧いただけます。

  • PAGE TOP

神奈川県相模原市南区|診療予約|アイ歯科医院